【卒園式・入学式】ママバッグの選び方のポイントは?色や柄の注意点も紹介!

3月になれば卒園、そして4月になると入学式のシーズンですね。

 

うめこ
卒園、入学を控えた子供さんをお持ちのお母さんは何かと忙しくなる時期ですよね。

 

そして この卒園や入学はお子さんにとってはもちろん、家族にとっても大きなイベントのひとつですよね!

 

うめこ
そうなんよね、そやから式に出席するお母さんは自分自身の準備もせなあかんのよ。

 

そこで悩むのが服装に合わせたコーデですよね。

 

服装や髪形のことは考えていたのに、意外とバッグのことを忘れていたというのも実際多いのです。

なので卒園式や入園にふさわしいバッグも今のうちに用意しておきましょう。

 

でもバッグ選びってブランド品や、華やかなものなどいろいろあるからほんとに迷うよね・・・

 

うめこ
卒園や入学ではなにかと荷物も多かったりするんで、サブバックなんかも必要になるんよ。

 

そこで今回はそんな悩めるお母さん達のために、卒園式や入園式のママのバッグの選び方のポイント!色や柄の注意点なども紹介しますね。

ぜひバッグ選びの参考にしていただけたらと思います。




入園式・卒園式でお母さんがバッグを選ぶポイントは?

うめこ
それではまず初めにバッグを選ぶポイントについて解説しますね。

 

特に大きさや色、形などに決まりはないのですが、服装のあった華美過ぎないフォーマルなバッグを選ぶのが良いでしょう。

 

フォーマルな場で使用できるバッグは、卒園式や入学式、さらに習い事なんかの発表会など、様々な行事にも役立つのでひとつ持っておくといいですよ!

 

うめこ
小さい子供さんがいる場合などは、肩にかけられるショルダータイプのバッグだと両手が空くのでおすすめですよ。

 

あと卒園式や入園式では写真を撮ることも多いので、そんな時にも手が使えて便利ですよね。

 

バッグの大きさは?

うめこ
あなたは式にはどんなものを持って行くでしょうか?

 

その量がどのくらいなのかが分かることでバッグのサイズの目安が分かります。

 

例えば必要なものといえばこのようなものがありますよね。

 

  • お財布、
  • 携帯電話
  • 室内用スリッパ
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 化粧ポーチ
  • 筆記用具

 

バッグを選ぶにはこのようなものが入る大きさのものが良いですね。

 

ですがあまり大きなバッグだとエレガンスさに欠けてしまうので、小さなお子さんがいないといった場合であれば、私のおすすめは小さめサイズのバッグです。

 

小さめサイズで持ち物は極力少なくがベストですね。

 

うめこ
とはいっても記念品や配布物などがあるといった場合もあるので、折りたたみ式のサブバッグも用意しておくのがええんとちゃうかな。

 

サブバッグの大きさは必要最低限のものが入る大きさ(「A4ファイル」が収納できるくらい)がよいです。

 

乳幼児がいておむつセットや飲み物などを持ち歩く場合なんかもサブバッグがあると重宝しますよ。

 

貴重品類はフォーマルバッグに、そしてスリッパや配布物などはサブバッグに入れるなどというような使い分けをするのがよいでしょう。

 

うめこ
そのサブバッグなんやけど、おしゃれなショップの紙袋やエコバッグなどを持ってきている方もいますよね。

 

写真に写ることも考えると、せっかくのスーツに紙袋は残念コーデになってしまうかも。

 

おすすめはフォーマル用のサブバッグで、色は万能性を考えると、ブラックやダークブラウン系がいいのではないでしょうか。

バッグの形

次にバッグの形なのですが、卒園式や入学式のバッグは、フォーマルな印象になるものがいいでしょう。

 

うめこ
この三つの基本がフォーマルバッグの定義になります!

 

  1. 小ぶりな形
  2. かぶせ(ふた)のある形
  3. ワンハンドルのハンドバッグ(ショルダーではない)

 

理想は小ぶりでかぶせのあるタイプです。

かぶせ(ふた)がないタイプのバッグしかもっていないといった場合は、中身が丸見えにならないようにハンカチなどを一番上に載せておくと良いでしょう。

 

うめこ
たしかに、中身が丸見えというのはエレガンスではないよね。

 

いろんな荷物の出し入れを考えたら、広く開口するのが便利です。

バッグの柄

模様が入っているものはカジュアルな印象が強くなってしまいます。

 

うめこ
入園、入学の場合はシンプルで上品なデザインのものがおすすめですよ。

 

モノグラムやアニマル柄など、またはブランドロゴが主張しすぎていてひと目で特定のブランドであるとわかるバッグも避けた方が良いでしょう。

ただ、オケージョンに合った派手すぎないデザインであれば、ハイブランドのバッグを合わせるのもありです。

 

補足
オケージョンとは英語の「occasion」のことで、「特別な出来事」「行事」「祭典」「儀式」「機会」などの意味で用いられます。

 

 

もしシンプルなフォーマルバッグを華やかにしたいといった場合は、コサージュをワンポイントに付けるというのもありですよ。

 

同系色でレースや刺繍が施されている柄物のバッグであれば、フォーマルな印象になるので大丈夫です。

もし迷った場合などは、シンプルな無地のものを選ぶのが無難です。

 

うめこ
NGな柄ゆうのは、ヒョウ柄やゼブラ柄などのアニマル柄、または花柄のバッグなどです。

 

このようなアクセントの強い柄のバッグはカジュアルな印象になるので、卒園式・入学式では避けた方がいいでしょう

バッグの素材

エレガンスさもあり、フォーマルで柄ものではないデザインのバッグとなると、素材の質というのが大事なポイントになってきます。

 

おすすめの素材は、高級感が出る革製合皮素材、または布製です。

 

牛革などのしっかりとした素材のバッグは気品があり、人目を惹くので魅力的な印象を与えてくれます。

※ただ合皮は、使用していなくても、数年経つと経時劣化ではがれてきたりもするので、その辺を理解して選んでくださいね。

 

うめこ
革製で注意してほしいのが、爬虫類系などのアニマル革で、これは避けてくださいね。

 

それとエナメル素材は、雨でも濡れないなど便利なんですが、光沢感があるので卒園式には不向きです。

 

ブラックを持つときには、布製の弔事用バッグは慶事には向きませんので注意しましょう。

また生地だけでなく、金具のクオリティといったところでもこだわったほうがいいでしょう。

 

うめこ
サブバッグやったら、ナイロンなどは避けて、布製のものがええよ。

バッグの色

 

うめこ
バッグの色で悩んでしまった時は、「黒、グレー、白」がおすすめです!

 

この3つは様々な色に合うとされているのでスーツの色にも合わせやすいのです。

 

ただし注意してほしいのが、スーツもバッグも黒で固めすぎると重たい感じになり、老けた印象をあたえてしまいますよ。

 

※幼稚園や保育園によっては、全身ブラックフォーマルという指定がある園もあるので、その場合は園の方針に従ってくださいね。

 

うめこ
また逆にあまり派手すぎる色を選んでしまってもバッグだけが浮いた印象になってしまうので、気を付けたほうがええよ。

 

清楚なイメージなのはホワイトやベージュ、薄ピンク系で、これらの明るい色のものは春らしい印象にもなるでしょう。

もう少しクールな印象にしたい方であればネイビーもオススメです。

ネイビーの青みは爽やかな感じにもなります。

 

またブラック、ネイビー系の装いだけでなく、ホワイト系の淡色とも相性もいいですよ。

 

色を選ぶ際のポイントとしては、靴と色を合わせるという事です。

それさえ合っていれば、どの色のバッグを選んでも大きく間違えるといった事にはならないでしょう。

卒園式のバッグを選ぶときの注意点は?

これまでバッグを選ぶ際のポイントを一通り解説してきました。

 

うめこ
今度はバッグを選ぶ際の注意点をお伝えしたいと思います。

 

卒園式や入学式は特別な日なので、「ブランドバッグを持ちたい!」という人もいるかもしれませんね。

 

その時にハイブランド=フォーマルではないという認識をしておいてください。

ハイブランドのバッグは上質で高級ですが、式典の場に持つにはややカジュアルなデザインのバッグもあります。

 

うめこ
でもその時に気をつけてほしいのが、ブランドロゴが強調されているものです。

 

それらのバッグは派手な印象になるので避けた方が無難です。

ブランドバッグなどの場合は、ブランド名の主張(ロゴなど)がさり気なく、フォーマルなスタイルのものを選びましょう。

 

卒園式、入学式でNGなバッグとは

  • ブランドのロゴが大きいもの
  •  アニマル系の柄もの
  •  ビビットカラーなど派手なもの
  •  スタッズや金具が多いもの
  •  スパンコールなどで輝きの強いもの

 

 

あとこれは以外と大事だなと思うのが、卒園式以外にそのバッグをどこで使いたいかということ。

 

卒園式や入学式以外にも使い回しが出来るバッグを選ぶと、今後何かと便利ですよ。

入学式の雰囲気は園や学校によって異なる

卒園式や入学式の雰囲気はその園や学校によっても異なるということも知っておくとよいでしょう。

 

うめこ
厳粛な雰囲気であったり、またはカジュアルなところもあります。

 

そのような情報は、可能であれば先輩お母さんなどに様子を聞くことこが出来ると安心ですよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【卒園式・入園式】ママのバッグの選び方のポイントは?色や柄の注意点も紹介!」ということでバッグを選ぶ際のポイント5つ(大きさ、形、柄、素材、色)について解説してきました。

 

うめこ
理想のバッグは、式後も普段使やセミフォーマルな場にも併用できるようなものですね。

 

入園式・入学式が近づくと、バタバタしてしまいますよね。

 

もし今持っているカバンを使う場合、バッグなどの皮製品は傷みやカビなどがあったりすることもあるので、早めに確認しておくことが大事です。

通販での購入を考えておられる方も3、4月は入園式・入学式だけでなく、新年度に備えてバッグを買い替える方も多い時期です。

通販で人気の商品は売り切れてしまうことがあるので、早めに準備をしておきましょう。

それでは素敵な入園式、入学式をお迎えください。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

【こちらの記事も人気です】

【ぽっちゃりママさん】卒業式・卒園式・入学式のスーツの選び方を紹介!

2022年1月11日

卒業式や入学式につけるコサージュの選び方とは?おすすめの人気コサージュも紹介!

2021年3月2日

【入園式・入学式】 ママコーデを選ぶポイントは?入園・入学におすすめの服装も紹介!

2021年3月9日

フルラのパイパーで卒業式や入学式におすすめはこれ!サイズや色なども詳しく紹介!

2020年2月19日

卒園式・入学式のママバッグ人気10選!おすすめブランドやサブバッグも紹介!

2020年2月9日