失敗しないサンダルの選び方とは?サイズ合わせとオシャレに履くためのポイントも紹介!

こんにちは!

前回はサンダルやミュールっていつからいつまで履けるの?という記事でしたがいかがでしたか?

 

サンダルやミュールはいつからいつまで履ける?気温や時期ごとのおすすめサンダルも紹介!

2021年4月20日

 

うめこ
今度はサンダルの選び方のコツなんかがあったら教えてほしいなー。

 

サンダルは履きやすく少しくらい小さめでもそれほど圧迫感もないので、試し履きした時など

「自分の足に本当に合っているのかどうか」

わからないという方も多いと思います。

ですが選び方を間違えると足を痛めたり、サイズが合ったいないために歩き方がきれいい見えないなどの問題も出てきます。

 

うめこ
サンダルって大きめがいいとか、逆に小さめがいいなども聞いたことがあるし、本当のところどうなんやろか?

 

サンダルは夏のおしゃれの定番だし、サンダル選びに失敗したくないよね。

 

ということで、今回は失敗しないサンダルの選び方とは?サイズ合わせとオシャレに履くためのポイントも紹介します。

サンダル選びに迷っているという方はぜひ参考にしてくださいね。

【こちらの記事も人気です】

【2021】人気のレディースサンダルは?おすすめのブランド20選を紹介!

2021年4月25日

夜行バスでの メイクはどうしてる?化粧する際のおすすめの場所も紹介!

2021年3月31日

メイクボックスの売ってるお店は?どこで買えるの?おすすめの人気10選も紹介!

2021年2月4日

主婦の副業にブログがおすすめな理由は?子育てしながら収入を得る方法

2020年11月20日




サンダル選びはなぜ難しいの?

サンダルの選び方って、シューズよりも難しいって聞いたことがあるよ。

 

うめこ
サンダルのサイズもcmではなかったりするよね。

 

サンダルは以下のように、S・M・Lといった英字表記のものが多いです。

一般的な英字表記のサイズ
Sサイズ 22.5〜23.5cm
Mサイズ 23.0〜23.5cm
Lサイズ 23.5〜24.0cm

(※メーカーや販売店で変わります)

 

0.5cmの誤差ってかなり履き心地に影響あし、ワンサイズで1cmの差ってわりと大雑把だよね・・・

 

うめこ
メーカーのよってはサイズ展開もなく「フリーサイズ」っていうところもあるんみたいやよ・・・

 

さらにサンダルはかかとの部分が空いているということもあり、足の縦の長さがさらに分かりづらいのです。

 

サンダルの選び方が難しと言われている理由をまとめると以下になります。

  • サイズが多少違っても履けないことがないから
  • 履ける季節が限られているから
  • 英字表記のサイズはワンサイズの誤差が大きいから
  • かかとが空いているので足長がわかりづらい

失敗しないサンダルのサイズの選びのポイントは?

うめこ
いやー、自分に合ったサンダルのサイズ選びってほんま難しそうやね・・・

 

富士子
なのでこれから私が失敗しないためのサンダルのサイズ選びについてポイントをお伝えしますね。

 

おぉー、富士子さん、教えて教えて!

 

サンダル選びのポイントには以下のようなことに気を付けてください。

  • サンダルからつま先がはみ出ていないか
  • 足幅が窮屈でないか
  • 甲の部分に隙間がないか、逆にきつくないか
  • かかとが大きくはみ出ていたり、逆に余っていないか
  • 足裏とサンダルのアーチに違和感がないか

 

富士子
足のサイズって時間帯で変わったりするものなので、サンダル選びは足が浮腫みやすい夕方は避けたほうがいいわよ。

 

サイズを合わせる時はそのようなことも気を付けてね。

ではもう少し詳しく見ていきます。

サンダルからつま先がはみ出ていないか?

まず初めはつま先がサンダルからはみ出ていないか、またはつま先から前が大きく空いていないかを確認してくださいね。

 

富士子
理想は中敷きの部分に足がしっかり収まっている状態よ。

 

もし指先が出ていたり、足先に広いスペースがある場合は、木型と足形が合っていない可能性があります。

 

そういった場合はケガなどの足を痛める原因にもなるので注意してくださいね。

幅や甲に隙間がない状態でピッタリ合っているか

次は足の幅や甲の部分の押さえに隙間がなく、ピッタリと合っているかも確認してくださいね。

甲とベルトの間に隙間がありすぎてもなさ過ぎてもだめです。

 

富士子
歩いていると足って意外とサンダルの中で動くもので、甲ベルトが原因の靴ズレのトラブルってけっこう多いのよ。

 

ここで少し気を付けてほしいのが、ピッタリしていると初めは多少窮屈に感じるのですが、革は馴染むと伸びるので、その辺りも考えて選んでくださいね。

 

※ですが試着の時点でしばらく歩いてみて、痛いと思うほどであれば足に合っていない可能性があります。

 

もし足の甲が薄いという方で心配と言う方は、スポーツサンダルなどであれば、甲や足首などをベルトで調整でき、足に合わせることもできますよ。

かかとが大きくはみ出ていたり、逆に余っていないか?

富士子
サンダルを履いた時にシルエットが綺麗に見えるためのポイントがあるのよ。

 

うめこ
えーっ、それ教えてください!!

 

それはサンダルはかかとが少し出るくらいの小さめのものを選ぶということです。

 

ヒールのあるサンダルの場合は、ハーフサイズ小さめのものを選ぶと足への流れが綺麗に見えるのです。

 

少し出るってどの程度なの?

 

富士子
サンダルの端から2〜3ミリ程度かかとが出るくらいよ。

 

ピッタリサイズでもきれいにみえるのですが、革は馴染むと少し伸びるので、前滑りをしやすくなったりするのです。

 

うめこ
そういうことも考えてサンダルを選んだほうがええんやね。

 

逆にかかとがサンダルの内側になってしまっているようであれば、サイズが大きいということです。

足裏とサンダルのアーチに違和感がないか?

最後は自分の土踏まずとサンダルのアーチが違和感なくフィットしているかです。

 

富士子
これもとても大事なのでしっかり確認しておいてくださいね。

 

土踏まずがサンダルのアーチと合っていないと、足が浮いたような状態になります。

 

ヒールの高い靴を履いていて指の付け根部分が痛くなったという方も多いと思うのですが、これはそのような状態になっていたからなのです。

 

富士子
つま先立ちで歩いているようになっているのよ。

 

なので、土踏まずとサンダルのアーチが違和感はなくフィットしているかどうかということも大切です。

大きめがいい場合と小さめはいい場合がある

うめこ
サンダルって大きめがいいとか小さめがいいとかあるけど、実際どっちがええの?

 

富士子
これに関してはサンダルのタイプで考えたほうがいいわね。

大きめのサイズを選んだ方がいい場合

富士子
つま先や甲がちゃんとカバーされているタイプのサンダルだと、ハーフサイズ大きめがフィットしていいわね。

 

どうしてもこのようなタイプはつま先部分に圧迫感があり、長い間履いているときつく感じてしまいます。

 

といってもすぐに脱げてしまうほど大きいのがもちろんだめですよ。

もし購入後にちょっと大きすぎたなと感じる場合は、中敷きパッドを使うということで改善できます。

 

富士子
透明な足先用のパッドであれば目立ちにくいわよ。

小さめのサイズを選んだ方がいい場合

小さめのサイズを選んだ方がいいのはヒールのあるサンダルを履く場合だったよね!

 

富士子
そう、これは先程かかとのところで話たわよね。

 

ヒールの高いサンダルを履く場合は、少し小さめのサイズの方が、見た目もスッキリしてきれいなラインに見えるからです。

 

ファッションの一部としてサンダルを履く場合、小さめのほうが上品で綺麗にまとまりますよ。

 

富士子
その他にも、スポーツサンダルの場合も女性の場合、小さめのほうがおすすめですよ。

 

大きめのスポーツサンダルだと、大きめに感じることがあり男っぽさが際だってしまうからです。

デザインや素材による選び方のポイントとは?

うめこ
素材やデザインもメーカーによってそれぞれで迷うよね。

 

素材やデザインなどの選び方のポイントもあるのかな?

 

富士子

もちろんサンダルの履きやすさは素材によっても違ってくるので素材も大事なポイントよ。

 

サンダルの素材やデザイン選びは以下のようなポイントで選んでくださいね。

  • 柔らかく厚みのある素材
  • 足に馴染んでくるのは本革やスエード素材
  • 甲をしっかり覆っているものは安定感がある
  • バックストラップやアンクルベルトがあると滑りにくい
  • ヒールは接地面の広さを確認する
  • コルクやジュートなどのソールは軽く足の負担も少ない

 

ファッション的にみるのであれば、ヒールの高い方がシルエットが綺麗にみえます。

 

富士子
逆にヒールが低ければ安定感があるわね。

 

キャンキーヒールのような太いヒールであれば安定感もありおすすめですよ。

歩きやすく疲れにくいサンダルとは?

 

うめこ
私はファッションというよりも、どちらかというと歩きやすさや疲れにくいサンダルがええんやけど、そんな場合はどんなのがええの?

 

富士子
歩きやすさ、疲れにくさはを重視するのであれば、ポイントは以下の2点よ。

 

  • つま先とかかとに固定力があるか
  • インソールにクッション性のあるものを使っているか
  • ヒールが低めのものか

 

足がすぐに抜けないよう、ストラップでしっかりと足を固定しているものや、足を自然と支えるようなクッションソールのものだと、土踏まずにもホールド感があり疲れにくいのです。

 

富士子
ヒールが低めのものも疲れにくいのよ。

 

まったくヒールがないものは逆に疲れやすいので、1〜2cmでもヒールあるほうが疲れにくいです。

 

ヒールのあるサンダルでの長時間の外出は疲れるのでそんな方は、折りたためるフラットシューズを持ち歩くと安心ですよ。

おすすめの疲れにくいサンダル

まとめ

いかがでしたか?

今回は失敗しないサンダルの選び方とは?サイズ合わせとオシャレに履くためのポイントを紹介しました。

 

サンダルの選び方しだいで、シルエットがきれいに見えるかどうかもかわるのね。

 

うめこ
素材やデザインによっても雰囲気が変わるよね。

 

富士子
オシャレなものや履きやすさなど、シーンに合わせて選んでくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

【こちらの記事も人気です】

【2021】人気のレディースサンダルは?おすすめのブランド20選を紹介!

2021年4月25日

サンダルやミュールはいつからいつまで履ける?気温や時期ごとのおすすめサンダルも紹介!

2021年4月20日

メイクボックスの売ってるお店は?どこで買えるの?おすすめの人気10選も紹介!

2021年2月4日

主婦の副業にブログがおすすめな理由は?子育てしながら収入を得る方法

2020年11月20日

50代の母親が喜ぶ人気のプレゼントは?お母さんに贈るおすすめのギフト17選も紹介!

2021年4月21日