福岡の最強の金運アップ神社を巡る!おすすめパワースポット【9選】

うめこ
いよいよ 今年の年末ジャンボ宝くじの販売まであと少しになったね

 

こうたろう
金運神社で御利益もらって、令和最初の高額当選をするでー!

 

金蔵
前回は山梨県の金運神社、当たる神社の紹介じゃったが、さて今回は福岡県の金運神社を紹介しますぞ! 

 

運気を上げたい人必見!山梨のおすすめの金運・開運アップ神社6選

 

九州は天皇家や有力豪族の発祥の地でもあり、長い歴史をもつ由緒正しい神社が沢山あります。

それでは金運神社を参って年末ジャンボ高額当選の金運成就をお願いしましょう!

 



九州・福岡の金運・財運が上がる神社9選!

宗像大社

まず初めは、全国的にも注目されているパワースポットで究極の金運神社といえばこの宗像大社(むなかたたいしゃ)。

財運・金運・商売繁盛・仕事運などのご利益があると言われている金運神社です。

 

金蔵
この神社は全国に約7000社以上ある宗像神社の総本社なんじゃよ!

 

御祭神は、宗像三女神がそれぞれ祀られていて、沖津宮・中津宮・辺津宮の三宮を合わせて宗像大社(むなかたたいしゃ)となっています。

補足
それぞれ場所が離れているのですが、辺津宮のことをおもに宗像大社と呼んでいます。

 

宗像大社の本殿裏手の階段を上った高台にある高宮祭場(たかみやさいじょう)は強力なパワースポット市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が降臨した場所と 伝えられています。

 

割符守

宗像大社には「割符守」(わりふまもり)という木で出来ているおみくじがあります。

真ん中が割れるようになっていて、自分の名前と年齢とお願い事を右半分にかいて結び、左半分はお守りとして1年間大切に持っておくということです。

 

 

こうたろう
祭場の横にあるこのおみくじもぜひ引いてみてくださいね!

 

【アクセス】

宗像大社(むなかたたいしゃ)

住所:福岡県宗像市田島2331

TEL:0940-62-1311

駐車場:有り(1000台 )

電 車:JR鹿児島本線「東郷駅」下車
西鉄バス神湊行きで15分、
「宗像大社前」下車すぐ 

 

 

宮地嶽神社

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は約1600年前に創建された歴史のある神社。

金運・開運・商売繁盛・千客万来・財運など、どんな願いも叶うといわれ「何事にも打ち勝つ開運の神」として人気の神社で、参拝者の数は毎年220万人にも及ぶと言われています。

 

こうたろう
ど、どんな願い事も叶うやなんて、これぞ最強の金運神社やん!!

 

金蔵
そうなんじゃ!金運パワーがすごく、「商売繁盛を祈願するなら福岡県ではみやじだけさん」と言われるほどなんじゃよ。

 

最強の金運神社

宮地獄神社が福岡県で最強の金運神社と呼ばれるようになったのは、約300年ほど前に出土したと言われる巨石古墳による黄金伝説と金成伝説によるものだとされています。

発見された刀装具や馬具などの品物の数々にはふんだんに黄金が使われていたそうです。

 

 

御祭神は「宮地三柱大神」

 

宮地三柱大神・息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)
( 別名:神功皇后(じんぐうこうごう))
・勝村大神(かつむらのおおかみ)
・勝頼大神(かつよりのおおかみ)

 

宮地嶽神社にある3つの日本一

 

金蔵
そしてこの宮地嶽神社のは3つの日本一があるのじゃよ!

 

3つの日本一・大注連縄 (直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンで日本一)

・大太鼓 (直径2,2メートルの日本一)

・大鈴 (重さ450㎏の銅製の大鈴日本一)

 

うめこ
行かれた際はこの迫力ある3つに日本一をぜひ見てくださいね

 

奥宮八社

本殿の他に宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)には8つの社が祀られた“奥の宮八社”があります。

 

こうたろう
丁寧にひとつひとつ参拝すればどんな願いも叶うと評判なんやって!

 

奥宮八社

一番社:七福神社・・・福徳を授けてくれる七福神

・二番社:稲荷神社・・・豊かな実りを守ることから商売繁盛の神様

・三番社:不動神社・・・ 剣と縄を持つ不動明王は災いや厄を除く神社

・四番社:万地蔵尊 ・・・にこやかに旅人や子供達を守るとされている地蔵様

・五番社:淡島神社・濡髪大明神 ・・・女性の心身内外をお守りする神様

・六番社:三宝荒神 ・・・かまど、火除けの神様

・七番社:水神社 ・・・龍神様をお祀りしています

・八番社:薬師神社 ・・・あらゆる病気の人を救う神様

補足

三番社の不動神社は、古墳が本殿になっていて、普段は祭壇が古墳の入り口すぐのところにあり、そこでお参りをします。
御開門が年に3回の祭典日(1月28日、2月28日、7月28日)にあり、その時は古墳内部で参拝することができます。

 

光の道

 

金蔵
宮地嶽神社は参道が夕日に照らされる時に「光の道」が現れ、参道から海岸線まで一直線に光りが結ばれ、絶景が拝めるんじゃよ。
うめこ
嵐のCMで一躍人気がでたんよね!

 

補足
毎年2月と10月の年2回、大陽が沈む位置の関係で、一週間だけ見られる絶景で、天気が良いと昼間でも拝めるそうです。

その日には、夕日の祭が開催されて、夜には願い事が書かれた約3000本の竹灯にご神火が灯されます。

 

【アクセス】

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

住所:福岡県福津市宮司元町7-1

TEL:0940-52-1020

駐車場:有り(700 台)

電 車:JR 鹿児島本線「福間駅」下車
西鉄バス「津屋崎橋」行きで6分、
「宮地岳宮前」下車すぐ

 

 

太宰府天満宮

 

福岡県太宰府市にあり、「天神信仰発祥の地」と称される場所にあるのが太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)で、合格祈願の他、商売繁盛・金運・財運向上のご利益があると言われています。

 

金蔵
ここは全国に約12000社ある天満宮の総本社なんじゃ。

 

御祭神は、学者であり、政治家でもあった「菅原道真公」です。最近では商売繁盛、財運向上などの御利益があるとされる金運神社としても注目されるようになりました。 

 

その理由は金と富の気が溢れている宝満山が祖山であるということと、お金にまつわる運気を宝満川の清流が高めるということなのです。

 

そして本殿に行くまでには現在・過去・未来の意味がある3つの橋を渡るのですが、この3つを渡ることで、身と心を清めた状態で参拝できるようになっているということです。

 

11頭の御神牛

太宰府天満宮には11頭の御神牛が境内におり、全て見つけると願いが叶うと言われています。

またその御神牛の頭を撫でると賢くなるとも言われています。

補足
ではなぜ天満宮に牛がお祀りされているのかというと、菅原道真公の生まれが丑年、命日が丑の日ということと、太宰府に菅原道真公が左遷される途中に襲われ、その時に白い牛が助けたということで、深く牛を愛したとも言われているからです。

 

天開稲荷

末社には天開稲荷社があり、五穀豊穣・商売繁盛・開運・幸福のご利益があると言われているので、ここも合わせて参拝しましょう。

 

こうたろう
参拝の後はやっぱりこれでしょう!太宰府天満宮の名物、梅ヶ枝餅(うめがえもち)!参道沿いのお店でぜひ焼き立てを食べてね。

 

 

【アクセス】

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1

TEL:092-922-8225

駐車場:有り(1500台 )

電 車:西鉄太宰府線「太宰府駅」下車、徒歩約5分

 

 

 櫻井神社

金運神社で有名な櫻井神社(さくらいじんじゃ)は人々に富をもたらし、幸福に導いてくれる神聖なる地で、祓い清め・浄明正直の神様として厚く信仰されています。

また商売繁盛・千客万来・金運・財運向上、縁結び のご利益があると言われ、地元の人々から金運神社としても崇められてきました。

補足

黒田家尊崇社と言われている「櫻井神社(さくらいじんじゃ)」「櫻井大神宮(さくらいだいじんぐう)」の2社があり、金運をさらにアップさせるには櫻井神社と櫻井大神宮とを合わせて参拝するとよいでしょう。

 

金蔵
初穂料はとくに決められていないので、商売繁盛や開運祈願などの祈願の際は、感謝の気持ちを初穂料として供えると良いじゃろう。

 

筑前二見ヶ浦「櫻井夫婦岩」

櫻井神社のパワースポットは筑前二見ヶ浦の海辺にある夫婦岩で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の夫婦神がお祀りされています。

 

うめこ
この櫻井神社と二見ヶ浦は、一直線に結ばれた神様へと通じる道なのだそうですよ!

 

 

櫻井神社では二見ヶ浦の御砂(おすな)を特別にお祓いした「お潮井(おしおい)」頂けます。

これは外から入ってくるいろいろな災いを退けるとされているので、玄関に魔除けの盛砂や、庭や玄関先にお祓いとして撒いておくといいということです。

 

 

【アクセス】

櫻井神社(さくらいじんじゃ)

住所:福岡県糸島市志摩桜井4227

TEL:092-327-0317

駐車場:有り (80台)

アクセス:西九州自動車道前原ICから県道12・85号を
     志摩桜井方面へ車で12km

 

 

英彦山神宮

英彦山神宮(ひこさんじんぐう)は山全体が神域になっており、標高1188mの霊山の中に鎮座し、御本社(上宮)は英彦山頂に祀られています。

 

金蔵
山を神として崇め祀る風習が日本にはあり、この英彦山神宮も福岡県で唯一の「神宮」で、山を神様として祀った神社なのじゃよ。

 

「日本三大修験」のスポットのひとつとも言われ、彦山三千、八百坊と言われる修験の霊場で「英彦山権現」として栄えました。

 

御祭神は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)で、3つ も「勝」の字があるため、勝運・農業・金運のご利益があると言われている金運神社で、強力な金運アップが期待できるパワースポットとしても有名な神社です。

こうたろう
めちゃ長い名前やけど御利益もめっちゃありそうやね!

 

奉納殿まで入り口の銅の鳥居から、石段で約200段、(約500m)あるのですが、スロープカーで約15分ほどで行くことができます。

 

うめこ
上宮まではそこからさらに2.2kmの石段を登ることになるので、参拝する場合は、ぜひ動きやすい格好で、お茶なども持参してくださいね。

 

【アクセス】

英彦山神宮(ひこさんじんぐう)

住 所:福岡県田川郡添田町大字英彦山1

TEL:0947-85-0001

駐車場:有り

電 車:JR日田彦山線「彦山駅」下車
    添田町営バス「豊前坊」行きで18分、
    「英彦山神宮下」下車、徒歩約10分

 

 

十日恵比須神社

 

十日恵比須神社(とおかえびすじんじゃ)は福岡県福岡市博多区にあり、金運・財運・開運・商売繁盛ご利益があると言われている金運神社です。

 

こうたろう
商売繁盛の神様として博多では特にあつい支持を集めているんやで!

 

毎年、初詣には100万人もの参拝客で溢れかえるほどのこの神社は、金運が上がるということでとても有名な神社なのです。

御祭神は、事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)と大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)の二柱をお祀りしています。

 

うめこ
このえびす様と大黒様、えびす様は商売繁盛の神様で大黒様は縁結びの神様として慕われてるよね!

 

毎年1月8日~11日まで「正月大祭」が開催されて、400軒ほどの露店も並び賑わいをみせます。

  • 1月8日の初えびすに始まり 
  • 9日 宵えびす 
  • 10日本えびす 
  • 11日 残りえびす

 

大勢の人が訪れ、空くじなしの「福引」が人気です。福笹、福寄せ(くま手)、福袋、福越し(ダルマ)などの縁起物が当たります。

 

えびす銭

十日恵比須神社には珍しいお守りがあります。それが“えびす銭”と呼ばれる古銭で、なんとこの古銭は借りるのです!

十日恵比須神社から縁起のいいお金を借り、財布の中に入れ金運アップのご利益をいただくというもので、神社から借りたお金を増やして1年経ったら感謝の気持ちと共に返納するとう昔からの習慣がもとになっています。

 

金蔵
翌年、その古銭を返却したときには100円で新しいものを貸してもらえるようになっているんじゃよ!

 

 

【アクセス】

十日恵比須神社(とおかえびすじんじゃ)

住所:福岡県福岡市博多区東公園7-1

TEL:092-651-1563

駐車場:なし

電 車:JR鹿児島本線「吉塚駅」下車、徒歩約5分

 

 

 

筥崎八幡宮

筥崎八幡宮(はこざきはちまんぐう)は大分の宇佐神宮、京都の石清水八幡宮と並ぶ日本三大八幡宮であり、由緒正しい歴史のある神社です。

 

鎌倉中期、元が攻めてきた際に「神風」が吹いたことで、未曾有の困難に鎌倉幕府軍が打ち勝ち、そのことから、開運勝利の神様、厄除けの神様として古くから信仰を集めてきたということです。

 

金運・招福開運・勝運のご利益があると言われている金運神社で、野球選手や著名人が訪れることでも有名ですね。

実はあの有名な武将の豊臣秀吉もこの神社に参拝に来ていたと言われているほどなので、かなりの御利益が期待出来るのではないでしょうか!

地元では古くから、筥崎宮前の浜の真砂(まさご)をお潮井(おしおい)と呼び、これを「てぼ」と呼ばれる小型の竹かごに納め、自宅に持ち帰って厄を払って幸運を招くという風習があるようです

 

湧出石

赤い柵で囲まれていて、少ししかしかみることができないのですが、この石に触れると運が「湧き出す」と言われ、運気アップ 招福開運の御利益があるとあれています。

 

うめこ
この湧出石には「国に一大事があるとき、地上に姿を現す」という言い伝えもあるんですよ。

 

銭洗御神水

ザルにいれた金銭を福寿開運を祈願し、心を込めて御神水で洗い清めます。

持ち帰ったお金を使うことで、世の中を巡り福を授かると言われています。

 

 

【アクセス】

筥崎八幡宮(はこざきぐう)

住所:福岡市東区箱崎1-22-1

TEL:092-641-7431

駐車場:有り

電 車:地下鉄「箱崎宮前駅」下車、徒歩約5分

 

 

當所神社

福岡県朝倉郡にある當所神社(とうしょじんじゃ)「當所(あたるところ)」という神社の名前から、宝くじ当選・幸福・金運アップなどのご利益があると言われている金運神社です。

 

うめこ
実際にご利益があった方からのお礼状などが境内に掲出されているんですよ。

 

普段は無人の神社で地域の方がお世話をしているということです。

毎年12月23日は、「年末開運祈願祭」、毎年1月1日~3日は、新年の開運・招福祈願が行われ、神官によるお祓いや祈願、御礼の授与、宝くじグッズの販売などがあるということです。

 

【アクセス】

當所神社(とうしょじんじゃ)

住所:福岡県朝倉郡筑前町当所213-1

TEL:0946-42-6601
(筑前町役場企画課)

駐車場:有り (5台)

電 車:西鉄天神大牟田線「朝倉街道」下車
    西鉄バス「当所」下車、徒歩約5分

 

 

南蔵院

高野山真言宗の別格本山でもありる南蔵院(なんぞういん)、その境内の一角には全長41メートル、重さ300トンと超巨大な釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)があり、ブロンズ製では世界最大ということで有名です。

 

金蔵
ご住職が過去に宝くじで一億円以上も当てたということでも有名なんじゃよ!
補足
南蔵院の住職の林覚乗(はやしかくじょう)さんの宝くじ当選金額は、1995年 1億3,000万(前後賞合わせて)さらに、ナンバーズでも560万円で、その後も高額当選を繰り返し、ナンバーズの累計は、3,300万円以上だそうです。

 

うめこ
ちなみに、一億円は全額寄付したんだって

 

こうたろう
えーっ、も、もったいない・・・

 

釈迦涅槃像の五色の布

釈迦涅槃像の左手には、五色の布が伸びているのですが、その五色とは「五色の光(ごしきのひかり)」表して、お釈迦様が悟りを開かれて時に出た光りと言われているのです。

お釈迦様と繋がりを示しているのがこの布で、参拝の時にこの布を持って行うと開運が訪れるそうです。

 

釈迦涅槃像の仏足

釈迦涅槃像の足の裏には紋様があり、この紋様には、お釈迦様の教えと慈悲の心が込められています。

お釈迦様が亡くなられた(入滅)後、約500年もの間、仏像が無かったそうで、お釈迦様の足跡を石に残して、信仰したものを「仏足石」と言います。

 

金蔵
お釈迦様と仏足は同様で、足を触ることで、身体健康、開運が叶うと言われているそうなのじゃよ。

 

黄金仏足御守

釈迦涅槃像は、胎内を参拝(500円)することができ、黄金仏足御守は、この中でしか手に入らないお守りです。

 

こうたろう
このお守りをお財布に入れて持ち歩くことで金運アップのご利益があるんやって

 

 

出世大黒天御礼

うめこ
ご住職が「金運を全ての人に分けてあげたい」と、宝くじ当選金の一部で造建されたのが大黒堂で、大黒堂には、大黒天様がお祀りされているんです。

大黒堂で授与できるのが、出世大黒天御礼(大黒天様のお札1枚500円)。

実際に住職さんも高額当選した時に、このお札に宝くじを挟んで保管していたということで、今でもここ南蔵院大黒天様のお札を買っていく人が多いということです。

 

 

宝くじに当選するための3つのコツ

ご住職が語る、宝くじに当選するための3つのコツは以下のものです。

  1. 宝くじ当選後のお金の具体的な使い道を決めておく
  2. 不思議な予兆を見逃さない
  3. 世大黒天御礼(大黒天様のお札)に宝くじを挟む。

 

うめこ
みなさんもこの3つのコツをぜひやってみてはどうでしょうか!

 

こうたろう
うわーええこときいたなー、これで宝くじ高額当するでー!

 

【アクセス】

南蔵院

住所:福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗1035

TEL:092-947-7195

駐車場:有り

電 車:JR「城戸南蔵院前駅」下車 徒歩約3分

 

 

まとめ

いかがでしたか? 

うめこ
今回は金運・財運が上がる神社の九州は福岡編でした!

宝くじなどに御利益があるされる神社はまだまだ日本全国に数多くあるので、これからもどんどん紹介していきたいと思います!

金運神社で御利益をいただいて、いざ宝くじの購入なのですが、

 

こうたろう
宝くじっていつ買うのがええんやろか?

 

と思う人もいるはず。

ですので次回は、宝くじを買うならこの日が最適という内容でいきたいと思いますので楽しみにしていてくださいね!

それでは最後までよんでいただきありがとうございました!