箱根駅伝【2020】 優勝候補や順位を予想! 出場チームの注目すべき選手は!?

こんにちは!

年が明けるとみなさん注目のあれがありますね、そう箱根駅伝です!

第96回箱根駅伝は2020年1月2日〜3日にかけて開催されます。

 

こうたろう
その出場チーム20校が2019年10月26日(土)に開催された予選大会で決定!

 

箱根駅伝の前哨戦よもなる出雲駅伝(2019年10月14日(月))では國學院大學が優勝、全日本大学駅伝(2019年11月3日(日))では東海大学が優勝するなど盛り上がりをみせてきています。

 

金蔵
そしていよいよ記念すべき令和最初の箱根駅伝が開催されるぞ!

 

一昨年まで4連覇という不動の王者だった青山学院を前回大会で東海大学破り優勝しています。

そして2020年の注目するべき点ですが、青山学院は出雲、全日本での優勝も逃していることから、時代は青学から次の時代に変わったと言えます。

ですが現在実力では各校が拮抗していて、どのチームもミスがひとつでもでればその時点で優勝を逃してしまうでしょう。

 

うめこ
なので優勝には「ノーミス」が不可欠、どこの大学が優勝するのかわからないほど!

 

そんな大接戦になるであろう2020年の箱根駅伝の優勝予想をしてみました。




箱根駅伝【2020】の大会情報

こうたろう
こちらが箱根駅伝2020の大会情報になります。
第96回東京箱根間往復大学駅伝競走 
(開催日) 令和2年1月2日(木)~1月3日(金)
参加校)20校+1チーム(学生連合)
(往路スタート) 大手町 読売新聞社前 8時00分

(復路スタート) 箱根町 芦ノ湖駐車場入口 8時00分~

(総距離) 217.1km(往路:107.5km, 復路:109.6km)

 

(往路)
大手町読売新聞社前 -日比谷 -西新橋 -三田 -品川 -六郷橋 -鶴見 -横浜駅 -保土ヶ谷 -戸塚 -藤沢 -平塚 -大磯 -二宮 -小田原-元箱根 -箱根町 芦ノ湖駐車場入口

 

(復路)
箱根町 芦ノ湖駐車場入口 -元箱根 -小田原 -二宮 -大磯 -平塚 -藤沢 -戸塚 -保土ヶ谷 -横浜駅 -鶴見 -六郷橋 -品川 -三田 -西新橋 -日本橋 -大手町 読売新聞社前

 

第1区(21.3km) 大手町 読売新聞社前~鶴見
第2区(23.1km) 鶴見~戸塚
第3区(21.4km) 戸塚~平塚
第4区(20.9km) 平塚~小田原
第5区(20.8km) 小田原~箱根町 芦ノ湖駐車場入口
第6区(20.8km) 箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原
第7区(21.3km) 小田原~平塚
第8区(21.4km) 平塚~戸塚
第9区(23.1km) 戸塚~鶴見
第10区(23.0km) 鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前

 

箱根駅伝【2020】出場チーム

うめこ
今大会の出場チームです。

 

シード権は10位までに入った大学 (関東学生連合はオープン参加のため参考記録)

(チーム) (出場実績) (前回の結果)
東海大学     シード校 7年連続47回目 優勝
青山学院大学   シード校 12年連続25回目 2位
東洋大学     シード校 18年連続78回目 3位
駒澤大学     シード校 54年連続54回目 4位
帝京大学     シード校 13年連続21回目 5位
法政大学     シード校 5年連続80回目 6位
國學院大學    シード校 4年連続13回目 7位
順天堂大学    シード校 9年連続61回目 8位
拓殖大学     シード校 7年連続41回目 9位
中央学院大学   シード校 18年連続21回目 10位
東京国際大学   予選会通過 3年連続4回目 15位
神奈川大学    予選会通過 10年連続51回目 16位
日本体育大学   予選会通過 72年連続72回目 13位
明治大学     予選会通過 2年連続61回目 17位
創価大学     予選会通過 3年ぶり3回目
筑波大学     予選会通過 26年ぶり63回目
日本大学     予選会通過 2年連続89回目 14位
国士舘大学    予選会通過 4年連続48回目 18位
早稲田大学    予選会通過 44年連続89回目 12位
中央大学     予選会通過 3年連続93回目 11位
関東学生連合   その他

箱根駅伝【2020】の優勝予想は?

金蔵
そして箱根駅伝2020の1位から5位までの優勝予想はこうなったぞ!

 

① 東海大学   

② 青山大学

③ 駒沢大学

④ 東洋大学

⑤ 國學院大學

東海大学(予想順位1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

東海大学陸上競技部長距離ブロック(@tokailong)がシェアした投稿

こうたろう
やはり箱根駅伝連覇を狙う東海大学が優勝候補の筆頭やね!

 

出雲駅伝ではトップと2秒差で4位でしたが、全日本大学駅伝では優勝しています。

実はこの大会では黄金世代と言われる選手の館澤享次選手、關颯人選手、鬼塚鬼塚翔太、阪口阪口竜平選手が欠いた状態での優勝なのです。

新戦力となる名取燎太選手、塩沢稀夕選手、市村朋樹選手らが活躍した全日本大学駅伝、特にアンカーで区間賞を獲得した3年の名燎太に注目です。

 

うめこ
黄金世代に新戦力が加わった今の東海大学の層の厚さが決めてで優勝候補筆頭にさせてもらいました。

 

金蔵
じゃがひとつの懸念といえば、島怜利選手が不調によりエントリー外となったことで、島怜選手は山下りのスペシャリストなだけに痛手になりじゃぞ。

 

館澤亨次選手、阪口竜平選手、松尾淳之介選手の4年生は区間エントリーで補欠に回っています。

  • 出雲駅伝:4位
  • 全日本大学駅伝:優勝

青山大学(予想順位2位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aoyama Gakuin Univ Ekiden Team(@ekiden.agu)がシェアした投稿

こうたろう
前年も優勝候補やったんやけど、主力が抜けてもうたということで以前よりパワーダウンしていると思われます。

 

それでも出雲駅伝に全日本大学駅伝で5位と2位を保った現メンバー、選手たちは「原マジック」にかかり徐々に実力をつけてきています。

金蔵
箱根駅伝に向けて原監督は調整してくるはずじゃぞ!

 

世田谷246ハーフでは、飯田貴之(2年)が優勝、また11月下旬の10000m記録会では、28分台を8人がマークするなどチームの総合力があるといったことから、10000m持ちタイムのチーム平均は東海大学を上回っているのです。

 

うめこ
トラックレースようには行かないのが箱根駅伝なのです!

 

予想では5区に湯原慶吾選手、9区に吉田圭太選手をオーダー、吉田圭太選手と湯原慶吾選手が補欠となっています。

  • 出雲駅伝:3位
  • 全日本大学駅伝:5位

駒沢学院(予想順位3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

駒澤大学陸上部(@komadays)がシェアした投稿

2019年の箱根駅伝ではノーシードから4位に入り、前年の主力がかなり多く残っているといったことから箱根駅伝2020でも優勝候補に挙がっています。

 

金蔵
その中でも1年生の田澤廉選手の存在が大きく、前哨戦の出雲駅伝と全日本駅伝では田澤選手が好成績を収めてチームを上位に進出させているのじゃ!

 

その他にも山登り(5区)と山下り(6区)にも経験者がいるのことや、ユニバーシアードのハーフマラソン銀を獲得したキャプテンの中村大聖選手がいるのも強みです。

 

こうたろう
全員が区間3位程度の力を持っているのではとのことで、「平成の常勝軍団」は令和でも期待できるチームです!

 

  • 出雲駅伝:2位
  • 全日本大学駅伝:3位

東洋大学(予想順位4位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

東洋大学陸上競技部(長距離部門)(@toyo.tu)がシェアした投稿

うめこ
東洋大学は箱根駅伝で、11年連続3位以内の伝統校です。

学生トップの実力といわれる相澤晃選手や山下りのスペシャリスト今西駿介選手、それに2年連続箱根1区区間賞の西山和弥選手がいます。

ですが出雲駅伝、全日本大学駅伝と西山和弥選手が本来の調子でずに凡走、1年時の調子を取り戻せば上位が期待できるといえます。

 

こうたろう
予想通り東洋大学のエントリーは1区西山和弥選手、2区相澤晃選手、6区今西駿介選手ということらしいで。

 

東海大学や駒沢大学と比較すると1、2年生の底上げが少ない印象ですが、伝統的に箱根に強い東洋なので、実力ある選手が活躍しノーミスで繋ぐことが出来れば2020年も上位に進出するはずです。

  • 出雲駅伝:3位
  • 全日本大学駅伝:5位

國學院大學(予想順位5位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

國學院大學陸上競技部(@kokudai_ekiden)がシェアした投稿

2019箱根駅伝で往路で3位と上位、しかし復路では選手層が足りず順位を落とし総合7位という結果でした。

 

うめこ
そうはゆうても出雲駅伝ではアンカーだった土方英和が好調で逆転の初優勝、総合力があるチームを証明しているゆうことやね

 

前回大会の山登りの5区で区間賞をはたした浦野雄平選手の存在は大きく、往路優勝は十分に射程圏内、5区で逆転して往路を優勝するといった可能性もあります。

出雲駅伝初優勝で総合力があるチームだということも証明しているので、どれだけ粘り抜けるかといったところがカギになるのではないでしょうか。

  • 出雲駅伝:優勝
  • 全日本大学駅伝:7位

箱根駅伝【2020】各大学の注目選手!

次に各大学の注目選手を紹介します!

チーム 注目選手
東海大学
  • 館澤亨次
  • 鬼塚翔太
  • 小松陽平
  • 阪口竜平
青山学院大学
  • 鈴木塁人
  • 吉田圭太
  • 飯田貴之
東洋大学
  • 相澤晃選手
  • 今西駿介
  • 西山和弥
駒沢大学
  • 中村大聖
  • 田澤廉
法政大学
  • 青木涼真
國學院大學
  • 浦野雄平
  • 土方英和
東京国際だ学
  • 伊藤達彦
  • ヴィンセント
明治大学
  • 阿部弘輝
早稲田大学
  • 中谷雄飛
    井川龍人
    鈴木創士
中央大学
  • 舟津彰馬

関東学生連合チーム

  • 阿部飛雄馬(東大)

 

各大学別エントリー選手の平均タイム(10000m)

参考までに各大学の10000mの平均タイムはこのようになっています。

No チーム 平均タイム
1 青山学院大学 28.45.37
2 東海大学 28.50.55
3 明治大学 28.50.73
4 駒澤大学 28.51.37
5 帝京大学 28.51.37
6 順天堂大学 28.56.12
7 中央学院大学 28.56.23
8 東京国大学 28.59.61
9 日本大学 28.59.85
10 神奈川大学 29.02.97
11 日本体大学 29.03.14
12 創価大学 29.03.60
13 東洋大学 29.03.76
14 國學院大学 29.05.98
15 中央大学 29.07.02
16 早稲田大学 29.07.73
17 拓殖大学 29.17.26
18 法政大学 29.25.29
19 国士舘大学 29.32.73
20 筑波大学 29.40.46

放送予定とゲスト

放送は日本テレビ、BS日テレ(2020年1月2日(木)~1月3日(金))で朝7時から生中継で放送されます。

 

こうたろう
1月2日と3日のそれぞれのゲストです。

2020年1月2日

中村匠吾選手 東京五輪マラソン代表内定・駒大OB・富士通陸上競技部
森田歩希選手 青学大OB・GMOインターネットグループ

 

2020年1月3日

設楽悠太 東洋大OB・Honda陸上競技部
湊谷春紀 東海大OB・横浜DeNAランニングクラブ

 

そしてCS放送の日テレジータスにて「箱根駅伝 監督激突トークバトル」「密着!箱根駅伝 春夏秋冬」などが放送されます。

うめこ
ライブ配信は例年通り日テレの箱根駅伝特設サイトでテレビと同じ映像がライブ配信される予定なんやって

まとめ

いかがでしたか?

今回は「箱根駅伝【2020】 優勝するのは? 予想 と注目選手まとめ!」と題して順位や優勝の予想、出場チームなどの紹介をしました。

 

金蔵
今大会も熱戦が繰り広げられること間違いないじゃろう!

 

青山学院大学の王者復活があるのか、または東海大学の連覇なるかダークホースの國學院大學が食い込んでくるかもと、いずれにせよ今大会も盛り上がりそうですね。

今回も最後までよんでいただきありがとうございました。