【2021】肌荒れしにくいマスクは?敏感肌におすすめ、 肌に優しい素材のマスク10選

こうたろう
こんにちはこうたろうです!

今は生活の中で常にマスクを着けるといった状態ですよね。

 

しかし敏感肌やニキビ、アトピーの方などは、マスクの着用による肌荒れなどに悩まされているという方も多いと思うのです。

 

うめこ
その原因としてあげられるのは、着用中の摩擦や肌に合わない素材によるものなどって言われてるんよ。

 

20~30代の女性に多く見られるニキビもマスクを着けることで発生しやすくなると言われているほど。

 

こうたろう
心地の悪いマスクをだと快適に過ごせませんよね。

 

うめこ
肌に負担をかけずに、敏感肌の方でも長時間着けられるようなマスクってどんなものがるの?

 

こうたろう
うん、マスクは素材や形状、または使い捨てや洗って繰り返し使えるものまで、本当に種類がたくさんあるから、自分のあった物を探すのって難しいよね。

 

ということで今回は、敏感肌の方にもおすすめの、肌に優しい素材のマスク10選を紹介しますね。

【こちらの記事も人気です】

国産うなぎの生産地ランキングを紹介!天然と養殖の味の違いは?

2021年6月2日

【ラッシュ ガード・レディース】おすすめのおしゃれ人気ブランド18選!選び方のポイントも紹介

2021年5月26日

女性に人気のレディースバッグは?おすすめの人気のブランド15選を紹介!【2021最新】

2021年5月18日

【2021年最新】一人暮らし向け除湿機の選び方は?おすすめの人気の20選を紹介!

2021年5月14日




マスクで肌が荒れる!その原因は?

うめこ
そもそも、マスクで肌荒れが起こる原因って何なの?

 

こうたろう
うん、主な原因には以下の3つが考えられるね。

 

① (摩擦)
肌と繊維がこすれて刺激になることや、外したときに内部の湿気が一気に蒸発し、極端に乾燥してしまうことが負担になると考えられています。
②(蒸れ)
高温多湿なマスクの中は、雑菌が繁殖しやすいのも理由の1つ、肌トラブルを回避するためにも、通気性が良いマスクがいいでしょう。
③(乾燥)
マスクを着用していると潤うのでは?と思ってしましますが、実はマスクの内側の水分が蒸発する際、「角質層」に含まれている水分まで奪われてしまうので、乾燥肌や敏感肌になりやすくなるのです。

 

うめこ
それで肌が荒れやすくなってしまうんやね‥‥

肌荒れしにくいマスクの選び方とは?

うめこ
肌に優しく、それでいて花粉やホコリもブロックしてくれるマスクってないかな?

 

敏感肌の方、またはアトピーやニキビなどで悩んでいる方であれば、できるだけ肌荒れしにくいマスクが欲しいと思いますよね。

 

こうたろう
ということで、今から肌荒れしにくいマスクの選び方のポイントをお伝えしますね。

使い捨てか洗えるタイプか?

うめこ
敏感肌の方であればやはり衛生面も気になりますよね

先ほどもお伝えしましたが、マスクの中は雑菌が繁殖しやすいので衛生面も大事なポイント!。

マスクには使い捨てタイプと、洗えて繰り返し使えるタイプがあるのですが、どちらを選ぶかは、用途に合わせあなたが使いやすいものにするといいでしょう。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプのマスクは、毎日取り替えて使えるといった点や、一枚ずつ個包装になっているものもあり、衛生的に使えます。

うめこ
毎日洗うのが面倒という方にもいいかも。

 

こうたろう
ただ、使い捨てマスクの不織布は一般的に接着剤や熱で繊維をくっつけたものが多く、そのためゴワゴワとした肌触りになります。

 

刺激が気になる方はオーガニックのものや、天然素材など化学素材を使っていないものもあるので、そういったものを探して使うといいでしょう。

洗えるタイプ

使用後に洗濯でき、繰り返し使えるタイプもおすすめですよ!

こうたろう
こちらも洗えるという面で衛生的です。

 

洗えるマスクは、使い捨てよりも値段が高いといったこともありますが、毎日マスクを使うなら繰り返し長く使える方が経済的ですね。

あと肌に優しい素材が豊富と言うのもいいところです。

洗えるマスクを購入する際に注意して欲しいのが、洗濯機で洗えるか?または手洗いでないとダメなのか?というところです。

こうたろう
購入前にしっかりチェックしておいた方がええよ。

肌に優しい素材を選ぶ

うめこ
素材選びも大事なポイントなんよね。

それでは肌に優しいと言われている素材を紹介していきます。

コットン(綿)

こうたろう
まずおすすめなのはコットン(綿)です!

吸水性や通気性に優れ、肌に優しいコットンは、マスク内も適度な湿度に保たれます。

また天然繊維のコットンは、肌馴の染みも良く化学繊維でかぶれる方、または敏感肌や肌荒れしやすい体質の方にもおすすめの素材です。

うめこ
あのふんわりとした柔らかさが肌に気持ちええよね!

 

装着時のチクとした刺激が少ないのも特徴です。

使い捨てタイプの中にも、コットン100%の不織布でできているものもあるので、そういった素材で選ぶのもよいでしょう。

コットンのデメリットとしては、シワになりやすかったり、繊維が縮みやすいところ。

うめこ
干す時は、軽くたたいて伸ばすといいですよ。

シルク(絹)

こうたろう
シルクがええのはなんといってもあのなめらかな肌触り!そやから摩擦などの刺激も軽減できるいうことなんよ。

 

なめらかの秘密は人肌に近いアミノ酸タンパク質でできているから。

だから肌荒れもしにくいということなのです。

うめこ
さらにシルクは通気性や保温性、​​​​​​​吸湿性に優れているので蒸れにくいのよね。

 

乾燥を和らげ肌荒れも軽減します。

他にも、シルク繊維のいいところは、夏は涼しくまた、紫外線対策をしたい人には天然のUVカット効果も期待できるというところ。

冬は逆に温かいのでまさにオールシーズン使える素材ということなのです。

こうたろう
ただシルクは価格が高いので、もう少し値段を抑えたいという方は、シルクと綿の混紡したマスクがいいかも。

リネン(麻)

こうたろう
リネンは綿のおよそ4倍の吸水性があると言われるほど、吸水性や速乾性に優れています。

 

うめこ
その吸水性のおかげでさらっとした快適さが続くんやね。 

 

またリネンは薄地ですが天然繊維の中でも丈夫で長持ちとも言われています。

こうたろう
水分を吸うと強度が増すので、気軽に洗えてしかも傷みにくいのがいいよね。

 

使い込むことで、やわらかさも増すのです。

また汚れが染み込みにくく、汚れも落ちやすいのは、繊維に含まれるペクチン効果なのです。

うめこ
リネンは繊維自体に天然の抗菌性があるとも言われ、カビや雑菌の繁殖を抑えてくれてるので衛生的!

 

そのうえ洗っても繊維の毛羽が付着しにくいのもいいところ。

こうたろう
しかも調湿性に優れているので、暑いときは余分な水分と熱を逃し、寒いときは熱を保ってくれるので、季節に関わらず快適な着け心地です。

 

喉を労わりたい風邪気味の時や空気が乾燥している時、または就寝時の着用にもおすすめです。

マスクの形状や縫製も大事

うめこ
敏感肌の方がマスクを選ぶ際は、肌に負担をかけないような形状、または縫製にも気を付けるといいわよ。

 

マスクの形状を大きく分けると以下の3つになります。

  1. 平型
  2. 立体型
  3. プリーツ型

 

それではそれぞれ見ていきましょう。

平型マスク

こうたろう
平型は平面のマスクで顔全体に密着するのが特徴です。

 

そのため、保温や保湿性が高いので、乾燥しやすい季節におすすめです。

柔らかなコットン素材を使っているマスクが多いのですが、平型は顔にフィットしにくいということもあり、ガーゼ部分が肌に接触し息苦しかったり、また接触によって摩擦が起きるといった可能性もあります。

立体型

立体型は人の顔の形に合わせて作られた立体型マスクなので、鼻から顎にかけてのフィット性が高いのです。

しっかり顔にフィットするので、花粉が多い季節などにもおすすめ!

うめこ
しかもマスクと口元、頬の間には隙間ができるので、肌への接触を抑えることが可能なんよ。

 

顔にフィットしつつもマスクと口の間には空間があり、呼吸もしやすいというのもいい点ですね。

うめこ
女性は口紅などがつきにくいというのもいいよね。

プリーツ型

こうたろう
プリーツ型はプリーツ(ひだ)が複数ついていて、顔のサイズに合わせやすいのが特徴です。

 

うめこ
プリーツを調整すればマスクと口の間に空間ができるので、呼吸もしやすいんよね。

 

ただデメリットとしては、形崩れしやすいという点があります。

縫製について

縫い目などがあるマスクの場合、縫い目が肌に刺激を与えてしまうこともあります。

こうたろう
縫製については、縫い目がフラットなものがおすすめです。

 

フラットな縫い目は肌への刺激や肌への摩擦や違和感も少なく、また顔に縫い目の跡がつくのを防ぐこともできます。

うめこ
特に、シームレスタイプやフラットシーマ縫製のものはゴワつきなどもなくおすすめだよ!

 

  • (シームレスタイプ)ー縫い目のないもの
  • (フラットシーマ縫製)ー繋ぎ目の凹凸がないもの

耳掛け部分について

こうたろう
耳掛け部分も快適にマスクを着用するうえで大事ですよ。

 

うめこ
ソフトゴムやストレッチ素材などいろいろあるけど、ひもは幅広で柔らかいのが痛くなりにくておすすめです。

 

長時間つけることを考えた場合、接触部分が大きい方が耳への負担も分散され圧迫感も軽減できるからです。

マスクのサイズは大丈夫?

最後はサイズについてです。

こうたろう
自分の顔に合ったサイズを選ぶことで、快適さだけでなくマスクの性能も発揮されるのです。

 

マスクを購入の際は以下のマスクサイズの目安を参考にしてくださいね。

サイズの目安

子供用 9~11cm
小さめ 10.5~12.5cm
普通 2~14.5cm
大きめ 14cm以上

フィルターをマスクに挟んで使う

肌当たりのことを考えるなら、マスクフィルターを使うのもありです。

こうたろう
マスクにマスク用のフィルターを挟んで使うことで、肌への負担を抑えることもできるんよ。

 

この場合も肌への刺激をを考えて、コットン製やシルク製のもの素材を選ぶといいでしょう。

ニキビは、マスクと肌がこすれることでも発生しやすいので、ニキビを防ぐためにも、マスクにこういったフィルターを挟むといった方法も効果的です。

おすすめ!肌に優しい素材のマスク10選

こうたろう
それでは敏感肌におすすめ、 肌に優しい素材のマスク10選を紹介しますね。

リリーベル 敏感肌マスク

このマスクは、肌面が天然コットン100%でふんわりしているのが特徴です。

うめこ
さらに、耳が痛くなりにくい柔らかひも(平ゴム)を採用、小顔効果アップが期待できるラウンドカットもいいよね。

そのほかには、高性能フィルタでウイルス(飛沫)ガードや、持ち運びに便利な個別包装も嬉しいところです。

オーガニックコットンマスク

農薬や化学肥料を使っていないオーガニックコットンを使用したマスクです。

 

素材だけでなく、丁寧な立体縫製で、鼻から頬に掛けた凹凸で装着時のフィット感を上げ、気になる空気の漏れを軽減してくれます。

 

こうたろう
メガネも曇りにくくするノースカバーも付いているのも嬉しいね。

抗ウイルス加工 マスク

高い機能性と、肌へのやさしさを考えた生地にこだわってできたマスクです。

繊維製品に定められている、抗ウィルス・抗菌加工剤の安全性試験に合格しているこのマスクは、日本アトピー協会推薦品の認定も受けているんですよ。

無添加・無漂白マスク

安心の無添加・無漂白素材でマスクです。

表地、裏地共に厳選された国産の上質な綿糸を贅沢に使用し、柔らかで自然な風合いの平織ダブルガーゼ生地です。

ゴム部分は、オーガニックストレッチレースで痛くなりにくくなっております。

LilyBell 敏感肌マスク

ふんわりと優しい使用感で、肌に当たる面が天然コットン100%。

お肌へのベタつきを軽減、さらに長時間着けても痛くなりにくいやわらかな平ゴムが使われています。

天竺 オーガニックコットン マスク

素材、デザイン、仕上がりまでこだわりを持って作った日本製のオーガニックコットンマスクです。

柔らかく伸びの有る天竺ガーゼ素材を使用し、生地は二枚仕立て。

通気性も抜群なので、息苦しくなく快適に着用でき、 睡眠時や乾燥の気になる長時間のフライトなどにもおすすめです。

オーガニックコットン使い捨てマスク

オーガニックコットン使用で肌へのやさしさ、着け心地を追求した使い捨てマスクは、肌面に段差がなく、肌への刺激も少ないです。

耳ゴムまでにこだわった設計になっており、長時間の着用時の負担を軽減、肌触りもふんわりとやさしくなっています。

快適プレミアムマスク

 

このマスクは呼吸や会話がしやすいのが特徴で、口元と鼻の2ヶ所にワイヤーが入っています。

着け心地の良さと機能性を兼ね備えた、不織布マスクは、3層のフィルター構造で、飛沫やハウスダスト、花粉の侵入を抑えます。

洗えるオーガニックコットンマスク

日本オーガニックコットン流通機構に認定されている洗えるマスクです。

もちろんオーガニックコットンを100%使用、やや大きめに作られているので、男性や女性にも使いやすくなっています。

洗える 100% シルク マスク

優しい肌当たりのこのマスクは、両面にシルクを使用した、布マスクです。

冬あたたかく、夏はひんやりと涼しく着用できるのが特徴で、吸湿性や保温性、保湿性に優れています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は肌荒れしにくいマスクは?ということで、敏感肌の方におすすめの、 肌に優しい素材のマスク10選を紹介しました。

敏感肌の方にも快適に長時間身につけられるお肌に優しいおすすめマスクを紹介します。

紫外線や花粉対策、風邪・ウイルス対策、喉の乾燥対策として便利な家庭用マスク。

うめこ
肌荒れしないようにするにはまめな保湿ケアも大事やね。

 

こうたろう
でもマスクを長時間着用するとどうしても肌に負担がかかるよね。

 

なのでマスクは、自分に合う素材や形、そして大きさものを選ぶといったポイントを抑えて、肌に優しいマスクを選んでくださいね。

今回の記事が少しでもお役にたてると幸いです。

最ごまで読んでいただきありがとうございました。

 

【こちらの記事も人気です】

国産うなぎの生産地ランキングを紹介!天然と養殖の味の違いは?

2021年6月2日

【ラッシュ ガード・レディース】おすすめのおしゃれ人気ブランド18選!選び方のポイントも紹介

2021年5月26日

女性に人気のレディースバッグは?おすすめの人気のブランド15選を紹介!【2021最新】

2021年5月18日

不要品の宅配買取・出張買取のおすすめサービス42選をジャンル別に紹介!

2021年3月12日

香典袋の種類や書き方、お金の入れ方は?香典についての正しいマナーを紹介!

2021年5月10日