土用の期間は年に4回ある?土用の由来や間日についても詳しく解説!

こうたろう

こんにちは、こうたろうです!

夏が近づいてくると「土用の丑の日」という言葉をよく聞くようになりますよね。

 

ですがこの「土用」「丑の日」の意味や由来を知っているという方は意外と少ないと思うのです。

 

うめこ
私もよく分かってないなー・・・

 

金蔵
実はこの「土用」は夏だけのものではなく、年に4回もあるんじゃよ。

 

「土用」は季節の変わり目で注意して過ごす時期と言われています。

 

金蔵
その他にも「間日」や「土用殺」も知っておるかな?

 

うめこ
知らんかった・・・

 

こうたろう
金蔵じいいちゃん、せっかくやからこの機会に土用のこともっと教えてー!

 

ということで、今回は土用の由来や期間、そして間日や土用殺などといった土用にまつわる習慣についても解説します。

【こちらの記事も人気です】

国産うなぎの生産地ランキングを紹介!天然と養殖の味の違いは?

2021年6月2日

家庭用ビニールプール人気のおすすめ26選!失敗しないための選び方も紹介【2021年最新】

2021年5月28日




土用のとは?

金蔵
ほなさっそく「土用(どよう)」の由来について話していこうかな。

 

「土用」と聞くと、多くの方が7月下旬の「土用の丑の日」をイメージされる方が多いのではと思います。

 

うめこ
「土用」って夏のイメージだよね。

 

金蔵
じゃが実はな、「土用」は年に4回あって、しかも一日だけじゃなく、期間があるんじゃよ。

 

土用とは、

  • 立春(りっしゅん)
  • 立夏(りっか)
  • 立秋(りっしゅう)
  • 立冬(りっとう) 

の前の約 18日間のことで年に4回あります。

 

4つの土用 期間の目安
冬土用 立春前の1月後半~2月初め頃
春土用 立夏前の4月後半~5月初め頃
夏土用 立春前の7月後半~8月初め頃
秋土用 立冬前の10月後半~11月初め頃

*土用期間は年によって異なります。
*土用の入りの日によっては18日間でない場合もあります。

土用とは雑節のひとつ

金蔵
「土用」とは四季の変わり目のことで、「雑節(ざっせつ)のひとつなんじゃよ。

 

うめこ
雑節???

雑節(ざっせつ)とは、二十四節気、五節句だけでは季節の変化を読み取るのに十分ではないということで、より的確に季節の移り変りを掴むために設けられた、暦上の区切りの総称のことです。

土用の他に節分や八十八夜、彼岸など。

 

雑節は次の季節に向かう準備期間ということで、その多くは、農作業の目安の時期が分かるように作られた日本独自の考え方なのです。

土用の由来とは

次は「土用」の由来のついての話をしていきます。

 

金蔵
土用は「陰陽五行説」という古代中国の思想に基づいておるんじゃ。

 

陰陽五行説とは「陰陽論」「五行説」を組み合わせて、宇宙や自然、人事などありとあらゆる現象を説明する理論です。

  • 自然界のあらゆるものを「蔭」(いん)と「陽」(よう)にわけた「陰陽論」
  • 自然界は「木」(もく)「火」(か)「土」(ど)「金」(ごん)「水」(すい)の5つの要素から成り立っているとする「五行説」

 

金蔵
そして四季もこの5つの要素に当てはめて考えられておったんじゃ。

 

  • 春の象徴=「木」草木が芽吹く
  • 夏の象徴=「火」暑い季節
  • 秋の象徴=「金」収穫の季節
  • 冬の象徴=「水」雪や氷の季節

 

こうたろう
あれ、「土」はどこに当てはまるの?

 

これでは五行説の要素である「土」が欠けていますよね。

 

金蔵
なので、次の季節への準備期間(季節の変わり目)として「土用」を設けたんじゃよ。

 

季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前、約18日間に「土」を割り当て「土用」としました。
「土」には万物を保護し、新しく迎える季節を育てるという意味があります。

 

土の気が盛んになる時期を「土旺用事(どおうようじ)」と呼びそれが省略され「土用」になったのということです。

丑の日とは?

うめこ
土用のことはわかったんやけど、もうひとつきになるのが「土用の丑の日」の「丑の日」って何?

 

「丑」とは十二支の「丑」のことです。

 

実は、十二支は、エトなど、年を数えるときに使うだけでなく、方角、月、日にちを数えるときにも使われ、この考えは古代中国の干支紀日法からきているのです。

 

金蔵
もともとは古代中国の占いに使われていたということじゃよ。

 

十二支を日に当てはめるので、「丑の日」は12日ごとに巡ってきます。

土用の丑の日にうなぎを食べるにはなぜ?

「土用の丑の日」には「う」のつく食べ物を食べるといいと言われていました。

 

夏場に売り上げが伸びずに困っていたうなぎ屋さんのために、江戸時代の発明家の平賀源内(ひらがげんない)が「本日丑の日」という張り紙を貼って宣伝することを考えると、それが大当たりしたそうです。

 

金蔵
それから「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣が定着したそうじゃ。

2021年の土用の日付とは

ここで2021年の土用がいつなのかをお伝えしますね。

 

金蔵
土用の始まりを「土用入り」、そして終わりは「土用明け」と言うんじゃよ。

 

土用の期間中の「丑」にあたる日を「土用の丑の日」といいます。

 

2021年の土用

2021年 土用入り 土用明け 丑の日 日数
冬土用 1/17 2/2 1/17・1/29 17
春土用 4/17 5/4 4/23 18
夏土用 7/19 8/6 7/28 19
秋土用 10/20 11/6 10/20・11/1 18

 

金蔵
土用の期間中には巡り順で、丑の日が2回の年もあるんじゃよ。

 

その時は、2回目の丑の日のことを「二の丑」といいます。

土用の風習とは

土用にはさまざまな風習があるので、それを今から紹介しますね。

土用に食べるといいものとは?

土用は季節の変わりめで、体長を崩しやすい時期とも言われています。

 

金蔵
なので、この時期には滋養のあるものを食べて休みましょうという習慣ができたんじゃよ。

 

こうたろう
「土用の丑の日」もそういったことからなんやね。

 

土用に食べるといいといわれているものが以下のものです。

春土用

金蔵
春土用は戌の日に「い」のつくものや、白い食べ物をたべるといいと言われておるんじゃ。

 

2021年の戌の日 (4月20日)(5月2日)

「い」のつくもの いちご・いんげん・いか・いわしなど
白い物 大根・玉ネギ・豆腐・白身魚など

夏土用

金蔵
夏土用は丑の日に「う」のつくものや、黒い食べ物がいいということじゃ。

 

2021年の丑の日(7月28日)

「う」のつくもの うり・うどん・ういろう・梅干しなど
黒い物 黒豆・うなぎ・あんこ・ひじきなど

秋土用

金蔵
秋土用は辰の日に「た」のつくものや、青い食べ物がいいと言われておる。

 

2021年の辰の日(10月23日)(11月4日)

「た」のつくもの 高菜・鯛・タコ・たらこ・たくあんなど
青い物 サンマ・サバ・茄子など

冬土用

金蔵
冬土用は未の日にのつくものや、赤い食べ物がいいと言われているんじゃよ。

 

2021年の未の日(1月23日)

「ひ」のつくもの ひじき・ひらめ・ひよこ豆など
赤い物 イチゴ・トマト・リンゴ・エビ・鮭など

それ以外にも、土用の食べ物として土用餅や土用蜆、土用卵などがあります。

土用餅・・・あんころ餅やひと口大の餅に餡(あん)を乗せたもの

土用蜆・・・蜆(しじみ)の旬は年に 2回あり、夏のものが土用蜆(どようしじみ)、冬のものが寒蜆(かんしじみ)です。

土用卵・・・夏土用の期間に採れる卵は滋養に富んでいるといわれていています。

 

土用にするといいこととは?

金蔵
土用の期間中にするといいといわれていることもあるんんじゃよ。

 

土用干し

金蔵
土用干(どようぼし)しという言葉をきいたことがあるかな?

 

うめこ
なんか聞いたことあるんやけど、詳しく知らんなー。

 

主に夏の土用に干すもので、水田や畳、衣類、書物、そして梅干しなどです。

水田(田の土用干し)

田んぼの雑菌の繁殖を抑えるために、夏の土用に水田の水を抜き、約一週間田んぼを乾燥させます。

また田んぼが乾いた状態になることで、稲はより深く根を張るようになり、強くなるのです。

畳・衣類・書物(土用の虫干し)

畳や衣類、書物などを陰干しして、カビや害虫の発生を防ぎます。

畳は埃を叩き出したりします。

梅干し(梅の三日三晩の土用干し)

梅雨のころ塩漬けした梅干しを、3日ほど笊にあげて日干しにします。

その後本漬をしたものが梅干しになります。

 

金蔵
その他に土用の期間中には家を整えるといいとされておるぞ。

 

例えば大掃除や整理整頓や衣替えなどです。

土用の期間に慎んだ方がよいこと

金蔵
土用の期間中には、注意すべきことがあるんじゃよ。

 

土用の期間中は、土公神(どこうしん、どくしん)という土の神様が支配する期間と考えられており、土を動かす作業や工事などは慎んだほうがよいとされています。

また引越なども避けたほうがいいとされています。

土用の期間中に慎んだほうがよいこと
  • 土いじり(草むしり・井戸や穴掘り・増改築など)
  • 新しいこと(新居購入・転職・就職・開業・結婚など)
  • 移動(旅行・引越など)

 

季節の変わり目には気の流れも不安定になり、体長も崩しやすいので重労働は避け心身共にゆっくり休んだほうがよいということで、このような風習ができたのかもしれません。

間日(まび)とは?

土用の期間中には間日という日があり、これは土公神が文殊菩薩に招待されて天に行き、地上を留守にされるという日です。

 

金蔵
間日の間の数日は土を触っても良いとされているんじゃよ。

 

こうたろう
さすがに土用の間ずっと土がいじれないとなると、いろいろと支障もでるもんね。

 

間日はそれぞれ十二支の日で決められています

土用 間日
冬土用 寅・卯・巳の日
春土用 巳・丑・酉の日
夏土用 卯・辰・申の日
秋土用 未・酉・亥の日

 

2021年の土用の間日

  • 冬土用に間日・・・1/18(寅)1/19(卯)1/21(巳)1/30(寅)1/31(卯)2/2(巳)
  • 春土用の間日・・・4/19(酉)4/27(巳)4/28(丑)5/1(酉)
  • 夏土用の間日・・・7/19(辰)7/23(申)7/30(卯)7/31(辰)8/4(申)
  • 秋土用に間日・・・10/26(未)10/28(酉)10/30(亥)

 

土用殺(どようさつ)とは?

さらに土用の期間中は旅行や移動を避けた方が良い方角(凶方位)というのがあります。

 

金蔵
それが「土用殺」と言われているものものなんじゃ。
土用 土用殺(凶方位)
冬土用の土用殺 北東
春土用の土用殺 南東
夏土用の土用殺 南西
秋土用の土用殺 北西

 

こうたろう
でも実際、土用の期間中に移動を控えるというのはなかなか難しいよね。

 

どうしても気になると言う方は、土用殺(区とされる方位)への移動を避けるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回は土用の由来や期間、そして間日や土用殺などといった土用にまつわる習慣についても解説しました。

土用は年に4回あるということでしたね。

うめこ
その期間中にするといいこと、慎んだ方がいいとされることなどいろいろな習慣があるんやね。

 

金蔵
季節の変わり目は体調を崩しやすいので無理をせんほうがいいということじゃよ。

 

みなが忙しくしている現代だからこそ、こういった昔からの習慣を意識してみるのもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【こちらの記事も人気です】

国産うなぎの生産地ランキングを紹介!天然と養殖の味の違いは?

2021年6月2日

家庭用ビニールプール人気のおすすめ26選!失敗しないための選び方も紹介【2021年最新】

2021年5月28日

【ラッシュ ガード・レディース】おすすめのおしゃれ人気ブランド18選!選び方のポイントも紹介

2021年5月26日

【2021年最新】一人暮らし向け除湿機の選び方は?おすすめの人気の20選を紹介!

2021年5月14日